読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

finders keepers

バイクが楽しい。写真が楽しい。釣りが楽しい。

ミディアムフォーマットの誘惑

f:id:summarit:20160212200426j:plain

久しぶりに印画紙にプリントできる環境ができたので、モノクロフイルムでの撮影に勤しんでいる。今やデジタルのほうが「よく写る」のだけれど、印画紙へプリントしてみると、これはこれで代えがたいリアリティや面白さがあるのだ。

プリントしたいからネガをつくる、とは、写真を撮るという本質で言えばあべこべだろうか。それはともあれ、せっかくフイルムで撮るのならと、中判カメラを引っ張りだした。デジタルバックの強烈な価格を考えれば、ブローニーフイルムはコストパフォーマンスが高い。面積の広いフイルムで得られる世界は、やはり格別である。

 

f:id:summarit:20160212201507j:plain

ほら、こういう雰囲気。ローライコードの古いレンズは、いい塩梅に光を捉えてくれる。ほんわかしていていいじゃないか。

 

f:id:summarit:20160212202052j:plain

フイルムも随分と高くなったけれど、中古カメラは安くなった。楽しむならば、今のうちではないかと思う。ハッセルでもローライでもいい。新製品の登場に心をざわつかせる必要のない世界が、ここにある。