finders keepers

バイクが楽しい。写真が楽しい。釣りが楽しい。

海を見に行く

いろいろ煮詰まっていたので、週末は海を見に出かけた。バイクで走って、海を眺めながらタバコを吸い、波の音を聞く。考え事をまとめるにはそんな場所に行きたかった。 ところが思ったより波が激しくて、ちょっと想像と違う雰囲気。風が強いとタバコもからい…

チンクエチェントが教えてくれたこと

そういえばもう13年になる。イタリアから輸送する途中に9.11の事件が起きて、どこかの港でずいぶん足止めをくった。それがはじめて買った自分の車、FIAT500Lだった。 納車された日からエンジンはよく止まった。30年は経過している旧車であるし、ラジオすらつ…

ソロストーブとトレック900

クッカーとストーブ選びは楽しい。車なのかバイクなのか電車なのか、キャンプなのか登山なのかツーリングなのか、食事をしっかり楽しむのかコーヒーを淹れるくらいの話なのか。時と場合によって求められるものは違うから、どの道具が正解ということもない。…

ひとりで走る時間

仕事帰りの一杯を我慢して帰宅し、そそくさと着替えてエンジンをかける。週末は雨だというから、今晩が気持よく走れるチャンスだとか、そんな思考回路である。 夜の東京を小一時間も走れば、心も身体もスッキリしていることに気づく。バイクに乗っているとき…

メスティン炊飯のコツ

メスティン炊飯にハマってから色々と試しているけれど、難しい方法論はそもそもアウトドアに向かないと感じていて、できるだけ雑に経験値を貯めることにしている。熱源の違いはもちろんのこと、風防やその他の道具によって熱効率は違うし、そもそも気圧や風…

愛しのセロー

しばらくR1に乗ってからセローに戻ると、なんとも優しい乗り味に惚れ直してしまった。無理も背伸びもしなくていいという物腰で、こちらを急かすこともなく思い通りに動いてくれる。少し背伸びしてR1に稽古をつけてもらっていたせいか、以前よりずっと余裕を…

東京湾フェリー

房総にツーリングに行って少しくたびれた時は、金谷港からフェリーに乗ってしまう。大型バイクは2000円くらい。30分後の出港なんていうタイミングでも、チケットを買ってバイクを並べ、飲み物でも飲みながら少し汗を拭いていれば、すぐに乗船タイミングにな…

沖縄にて

ちょっと前に遊びに行っていた沖縄でも、帰りのフライトまでのわずかな時間にバイクを借りてしまったぐらいハマっている。借りようと思っていたバイクがなくて、ショップの勧めに応じて借りたHONDA NM4-01。ガンダム世代が作ったのかなというデザインが面白…

YAMAHA YZF-R1 2004

ハノイで週末を過ごさず、急いで帰ってきた理由がコレ。YZF-R1の納車がこの週末とあっては、おちおち観光などしている暇はないのだ。 ハーレーから始まって、実は一番縁遠いと思っていたのがスーパースポーツ。思いのほか手頃な価格の選択肢があると気づいた…

ハノイの昼

ベトナム市民の日常を支えるのはバイク。途切れるのを待っていては道は渡れないが、じわじわ渡れば相手が避けてくれる。流れのなかに切り込む人、逆走する人、歩道を突っ走る人、色々なベクトルがうまいこと進む様子は、見ているだけで楽しい。よくぶつから…

ハノイの夜

急な仕事で久しぶりにハノイに来た。うじゃうじゃ走るバイクを懐かしく思いつつ、今夜はホテルに直行。以前来たときには自分は二輪の免許を持ってもいなかったし、バイクに興味もなかったけれど、機会があればこの街を走ってみたいとすら思う。接触しなけれ…

日が暮れてから。

夕立が駆け抜けて温度が下がったので、ちょっとだけ走ろうと思ってエンジンをかける。日が落ちる時間帯から夜にかけての首都高速は、贅沢な景色を堪能できる屈指のコースだ。特に夜はレインボーブリッジを渡って辰巳PAへ至るコースがいい。ベイエリアを眺め…

Twin Cam 96B

はじめてハーレーを買うときには大きい車両なんて乗れる勇気がなかったし、金額も安くはないし、格好も何ともイモ臭く感じて、一目惚れしたフォーティエイトを選択した。若い人や特別ハーレーに憧れがあるわけではない人なら、似たような感覚もたぶん多いと…

北海道ツーリング with FLSTC

三連休を利用して北海道ツーリングに行ってきた。朝イチで成田から新千歳に飛び、レンタルバイクで回る。借りられたのはFLSTC、ヘリテイジ ソフテイル クラシック。普段がスポーツスターなので、いわゆるハーレーらしさをたっぷり味わうのも今回の楽しみだ。…

XL1200X + Le Pera Stubs Cafe Seat

ラペラのスタブスカフェシートを装着。加速時に腰をホールドしてくれるので、運転していてすごく安心感がある。フォーティエイトのカスタムにおいては、何をおいてもシートが先かもしれない。 リアサスはオーリンズに替えて、ウィンカーを小ぶりなものにして…

雨期

大粒の雨が降りだしたと感じてから僅か数分で、全身びしょ濡れの豪雨になった。コンビニに逃げ込んでゴミ袋を買い、頭からかぶって目的地までなんとか到達。最近は降ってもスコールのようで、梅雨なんていう雰囲気ではなくなってきたと思う。まあ、久々のセ…

グリドルボーンに首ったけ

猫というやつは都合のいいときは擦り寄ってきて、そうでなければ知らんぷり。機嫌が悪ければシャーシャー言って爪を立てるし、勝手にどこかを徘徊しているし、家に戻ればゲロを吐く。おとなしいと思えば日なたで寝ていて、寒い日などは動きもしない。その自…

バウルーで朝食を。

いわゆるサンドイッチトースター「Bawloo」。ハムとチーズを挟んで両面を焼くだけで、驚くほどおいしい朝食になる。パンの耳がないと美味しさが半減なので、絶対に取ってはいけない。表面がサックリ、中はふんわり。パンの外側に塗るバターも秘訣だ。 荷物を…

デタッチャブル・ソロラックに何が載るか。

キャンプに行く前日にカスタムから戻ったフォーティエイト。デタッチャブル・ソロラックでテントやらなんやらを積めるのかが課題だった。というより積めないと困る・・・。ルックスは想像していた通りで、これならつけっぱなしでもいいかなと思わなくもない…

ツーリングノート:由比で桜海老

ハーレー仲間とツーリングへ行く。7.9Lしかガソリンの入らないピーナッツタンクが中心のメンバーなので、給油タイミングが同じというのは重要だ。スポーツスター乗りはハーレーらしさにこだわらない人間が多くて、格好も色々なのが楽しい。 今回は少しシーズ…

メスティン炊飯レシピ:コンビーフごはん

米を炊くという行為もアルミのコッヘルを使えば、炊飯器任せではない能動的な行為になる。・・・まあ要するに、メスティン炊飯が楽しい。白飯を炊いて別途おかずを用意するのはもちろん、具材を入れての炊き込みご飯は、想像と実践と結末とご褒美が短時間に…

XL1200X - SPORTSTER 48

どノーマルでもなかなか格好いい。ハーレー・ダビッドソン フォーティエイト。 運転姿勢は若干無理があり、170cm程度の身長の自分ではリラックスできる体勢は取れない。とはいえしばらく乗っていると、フォーティエイトらしい姿勢で乗ればいいのだということ…

セロー250で高速道路

セローを選ぶときに悩むのは「実際オフロードに足を踏み入れるか」ということと「オンロードの走りがどうなのか」ということではないかと思う。今となっては、こういうことに悩むこと自体が実にセロー向きの思考だったといえる。本気でオフロードを駆け抜け…

ストームクッカーS

バイクと車でのデイキャンプ。バイク隊が熱源を持っていく必要はなかったのだけれど、ワンセットで収まり汎用性の高い「ストームクッカー」をバッグに詰めていった。 アルコールバーナーは極めて魅力的な熱源だが、弱点と言えるのは火力調整の難しさと火力の…

Barbour Waxed Jacket - Bedale

ハーレーに乗るとき、いかにもなレザージャケットを着たくなくて選んだのがオイルドクロスのジャケット。バブアー(あるいはバーブァー)のビデイルである。少々無骨で頑丈な作りがいかにも頼もしいし、このイモっぽさも何とも言えず良い。スーツの上にこん…

セローならどこへでも行ける。

セローの走破性というのは大したもので、「この道、行っちゃって大丈夫かな?」という場所にグイグイと入っていける面白さがある。ハーレーなら爽快に走り去っていた脇道にこそ魅力的なスポットが存在するし、少し無茶して冷や汗かきながら脱出したときには…

trangia Mestin

トランギアのメスティンとは、シンプルな作りのアルミの飯盒である。ちょっと小さめのお弁当箱というようなもので、折りたたみのできるハンドルがついている。アウトドア好きには定番商品だが、そうでない人は名前を聞いたところでピンとこないだろう。 これ…